バナー      www.bravo-racing.com


走行準備 その2
燃料をエンジンに送る??

皆さん、これを絶対忘れちゃーいけませんよ〜!
これ忘れるとエンジンなかなか掛かりませんから〜っ!残念〜っ!
燃料をタンクに入れただけではタンク内の燃料はまだエンジンまで送られて
ないのです〜。
ナルホドナルホド〜!じゃあど〜やって送るの〜?
まずインテークサイレンサー(ノイズボックスともいう)を外します。
次にスパークプラグプラグレンチを使って外します。するとエンジンの
圧縮がなくなるのでリヤタイヤを軽く回せます。回すとチェーンを伝わり
エンジン内のピストンが上下しますよね!キャブレターの入口を手のひら
で塞ぎ、リヤタイヤを回して下さい。
タンクの燃料がホースに流れていくでしょ〜!キタキタ〜!
手のひらに燃料がつくまでしっかり回して下さいよ〜。
これで燃料送りOK〜!

手のひらにつくまでしっかり送る


プラグの火花をチェックする

スパークプラグを外して、プラグの頭をプラグキャップに差込み、
シリンダーヘッドのフィンにプラグ先端部を接触させ、リヤタイヤ
を回して点火をチェックします。

この時プラグコードに電気が流れるのでコードには手が触れないように注意して
下さい。ビリっときます!!さあ火花出てますか〜?
火花が出てなければいくら押し掛けしてもエンジンは掛からないのです!
万が一、火花が飛んでない(弱い)時は、ほとんどはプラグの問題(被ってしまった)なので、
交換してみましょう!それ以外としては、プラグキャップの不具合、チャージコイルの不良など
考えられますので店長に聞きに来て下さい!
点火OK〜!


チェーングリスを塗る
点火のチェックが終わったらそのままプラグを付けずにチェーングリスを注しましょう〜。
グリスを忘れるとスプロケット、チェーン類の消耗が〜〜!!アイタタ〜)涙
チェーングリスをできるだけこまめに塗ってあげる事でチェーンも長持ちします!忘れずに!



プラグを締める
締め忘れてて押し掛けすると、ちょっぴりハズカシかったりする。。。
気をつけて!


時間にあせらず、きっちり見直しチェック
最後に各部もういちどボルト、ナットの確認をし、走行準備完了です!
ペダル類、ステアリング、タイヤ締め付け部は特に念入りに!

あとはレーシングスーツに着替えて走行受付済ませて〜〜
さ〜!走るぞ〜〜!