バナー      www.bravo-racing.com


キャブレター内のフィルター掃除 
3回走行に1回ぐらいは、かたずけをする作業の1つに入れてほしいもの、
それがキャブレター内のフィルター掃除です。
これを怠ってしまうと、フィルターが目詰まりしてしまい、燃料が流れなくなる
のです。
トラブルになる前に、しっかりチェックしてあげましょう!


必要工具  ・プラスドライバー
        ・ヘキサゴンレンチ
        ・ラジオペンチ
        ・キャブクリーナー(パーツクリーナー)

まずはキャブレターを外してみましょう。


バンドを緩めインテークサイレンサーを外す。



アクセルワイヤークランプを緩めます。
ベテランになると緩めずに下へ進めます!



              ←タケノコスプリング
ラジオペンチを使い、タケノコスプリングをグイッと縮め、
アクセルワイヤー先端部を外します。




燃料ホースを抜きます。もう1つあるホース(負圧ホース)も抜きます。



キャブレターフランジのボルト(もしくはナット)2本を外します。


ハイッ、キャブレターが外れました〜!


外したついでにパーツクリーナー等で軽く掃除しておきましょう。
中をバラしま〜す。


プラスドライバーを使い4箇所のボルトを外します。

中のガスケットが破れないようにゆっくりバラして下さい。
なかなか空かない方は横部をかるくコンコンして下さい。




中に見えるのがフィルターです。ここにゴミがたまるんです。
たまっている場合、エアorパーツクリーナーなどでゴミを除去して下さい。


掃除完了!


組み上げは忘れ物のないように注意してね〜!


このガスケットの向き、順番を間違えないように気をつけて下さい。
形状、穴位置を合わせて正確に!




負圧ホース、燃料ホースを取り付ける。
アクセルワイヤーも忘れずに!


燃料をタンクに入れる時、ジョッキの先にフィルターになるもの(ストッキング等)を
つけて注ぐと、ゴミの混入はかなり防げますよ。オススメです。


以上です!
     ホームへ